家

鍵の管理で防犯性を高める|専門家に相談しよう

空き巣防止に必要な対策

扉

防犯と美観のメリット

建物には必ず出入口のドアがあります。ドアの開け閉めにはドアノブを使います。1日に何十回もドアノブを握ってドアの開閉をするので、年数を重ねると劣化してきます。また防犯上でも古い物はドアノブ修理をする必要があります。一時はピッキングという方法で簡単にドアの鍵を開ける空き巣被害が多かったのですが、防犯効果の高い鍵に変えることで被害を防いでいます。防犯上はドアノブや鍵も含めてドア全体を交換した方が、家のデザインを一新する意味でもおすすめです。ほとんどのドアノブには鍵がついているので、ドア交換が無理な場合はドアノブ修理をすることになります。長年使っていると開けられなくなる可能性もあるので、異常を感じたら専門の業者にすぐにドアノブ修理を依頼すべきです。

屋内のドアノブの注意点

防犯の面ではドアノブ修理はとても大事ですが、それ以外にもドアノブ自体を交換することで家のイメージを変えることができます。ドアノブは家族以外の訪問者も触る箇所なので、定期的に掃除して汚れが目立ってきた時は交換する時期です。最近のドアノブは色々なデザインのものが揃っているので、思い切って交換すると玄関周りが新鮮な感じになります。リフォームする時などに屋内のドアノブを変えると思わぬ効果が得られます。高齢者や幼児がいる家庭では屋内のドアノブの形を工夫する必要があります。形状によってはドアノブの先端が尖っている場合があり、幼児の顔に刺さる危険があります。高齢者などは洋服の袖口が引っかかって転倒するケースもあるので、安全性を高めるためにもドアノブ修理は必要です。